NaNa & かれんと過ごす、続・スローな週末徒然日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年のフルマラソンに向けて、仕事帰りに皇居ランしました。10K(皇居2周、約1時間)走って、汗だくで着替えに戻ったら着替えの下着を忘れてました。

で、近くのコンビにで仕方ないので買いました。

さすがに汗だくの「使用済み」履いて帰れないし、ましてや、ノーパンも無理だし。

10Kで54分。まだまだです。

そろそろ、15-20Kを気持ちよいペースで走りたいのですが、まだ残暑厳しくておかしくなっちゃうかもしれないです。




スポンサーサイト

【2010/09/01 16:44】 | TOKYO Marathon
トラックバック(0) |


2010/8/1 ~ 2010/8/31の期間、東京マラソン2011の受付が始まりました。

すでに、初日で定員オーバー。倍率はどうなることやら。。。


さて、この私、前回の完走で燃え尽き感ありましてとても走る体型体制ではない。。。

これは、いかん!!
自分を鼓舞するためにも、当たるも八卦の東京マラソンは「当たったらラッキー」にしといて、まずは照準を1月下旬の  湘南国際マラソン に定めました。

大磯を発着し江ノ島で折り返し。

憧れの「Route134貸切マラソン大会」箱根駅伝の3区、4区とかぶるコースなどもあり、こちらも大人気のようです。


で、かくいうchamyもすでにエントリー完了!

これに向けての調整として、よこすかシーサイドマラソンに11月下旬に参加。

ちょうど間隔は前回の、1月頭の谷川真理ハーフ→2月下旬の本番に近い。

なので、11月ハーフ → 1月下旬 フル で行く予定なのだが、、

もし東京マラソンに当選すると

11月ハーフ → 1月下旬 フル → 2月下旬 フル

と、とんでもない日程になるのであーる。。


すでに、ぼちぼち始動をはじめ、先週皇居ラン+週末に久々に10K走ってみました。
なんか、まだ筋肉が衰えている感じ。。。

平日は会社が近いということもあり、皇居ランで走りこみを始めます。近くにランステ(ランニング・ステーション)も確保、これから、ダイエットも兼ねてがんばりますよ~





【2010/08/16 17:10】 | TOKYO Marathon
トラックバック(0) |
くどくて、すみませんが、もう1回だけ。マラソンネタ。

まず、マラソン後の体についてです。
今回は不思議と異変もなく、階段の上り下りや、NaNaを抱っこして自宅まで電車で帰ったりと問題なし、でした。
翌月曜は会社を休ませてもらいましたが、朝も筋肉痛はあるもののまぁ普通に生活できてます。

次に、マラソン中の「給食」について
バナナはこの2日間(前日から)で相当食べました。しばらくはいいかも。。アミノバリューもだいぶのんだので体的には「アミノ酸過多」になってないか心配です。
給食でも、干し梅と干しブドウは本当においしかった。37キロ地点で食べた干し梅のありがたさ、これは走った人じゃないと分からないでしょうね。

沿道の方からの差し入れ
黒糖、レモン、チョコレート、キャンディ、、色々頂きましたが、最高にありがたかったのが「みそ汁」。給食のほとんどが「甘い系」だったので、別格でした。
あと、どこからか「ハムカツ?」の差し入れ、しかも揚げたてがありましたが、僕は食べれませんでした。(というか食べる気にならなかったんです、すみません。。)
エアーサロンパスあります、っていうのもありましたね。
普通マラソンするとカロリーの消費が尋常じゃないのですが、この大会に限ってはその気になれば消費した以上のカロリーを走りながらに摂取できる、という大会ではないかと思います。本気で。
半分まではそれほど食べ物はありませんが、半分すぎてからは本当に沢山の差し入れがありますので、まず「食い物に困る」というのはないでしょうね。
ほかの市民マラソンがどうなのかはわかりませんが、たぶんすごい量だと思います。


コスプレランナー
すでにTVでもやっていましたのでご存じだと思いますが、十字架を背負ってたり、ワールドカップが走っていたり、マイケルもいたし、ドラえもん、かえる、いろいろいましたが、僕的に最高に笑ったのは「サラリーマン」。
スーツの上下にYシャツ・ネクタイ+スニーカー。
最初はギャラリーかと思いましたが、ランナーでした。
最高っす。

大会グッズ
最初、参加費1万円は高いと思いましたが、完走メダル、完走タオルに参加者に配られるTシャツ、ゴール後のバナナ・ミカン・エアーサロンパスのサンプル、SOYJOYそしておにぎり。途中の給水・給食を考えても十分なサポートだったと思います。
もちろん、東京マラソンはプライスレスですが。。

以上、東京マラソンの報告でした。

これからも気持ちを切らさずにランニングは続けて、また次の大会を目指していきたいと思います。

おわり


【2010/03/02 01:05】 | TOKYO Marathon
トラックバック(0) |

No title
kao
こんにちは♪
ゴブサタです。

くどくなんかないですよ~~。
だってマラソン完走したのですもん。
すごいことです。おめでとうございます♪
とっても寒そうでしたけど大丈夫でしたか。

それに食べ物ネタ、オモシロイです。
ほんとに色々いただけるのですね。
テレビで「ビールいかがですかー」っていうのもやっていましたョ。
走っている体にいいんだろかって思いましたけど。

No title
chamy
Kaoさん
こちらこそ、ご無沙汰です!楽しく走ってきましたよ!
もっと凄かったのは、40キロ過ぎあたりで、「赤ワイン」薦められました。爆笑しました。
飲んでたら、ぶっ飛んじゃいそうだったのでやめましたけど。
おじさま、「ワインは人気ねぇなぁ」って言ってた気がするけど、その前に気付きなさい!って感じです。
ほんと、バラエティに富んでて面白いので来年は出れなかったら応援に回ってもいいかな、と思いますね。

コメントを閉じる▲
2010年東京マラソン。
初参加が決定してから4カ月、完走できるか不安でしたが無事完走できました。

ここに、初マラソンではありますが、それなりの攻略法と、そしてランナー目線での当日の状況をレポしたいと思います。
ちと、長いかもしれません。。

まずは、いきなりですが、FINISH直後に取っていただいた一枚。
充実感いっぱいです!(レンズが曇ってますが。。)

東京マラソン (15)


さて、当日は朝から雨で気温は5度だったそうです。
何が一番つらかったか、、それはスタートまでの待ち時間だったのではないでしょうか。。。

まず、都庁前で荷物を指定されたトラックに預けたら、待機場所に移動します。
東京マラソン

AからKまでの各ブロックに集まるランナーたち。すでに、この時点で、冷たい雨に打たれ続けなくてはなりませんでした。この集団が、延々と続いています。
東京マラソン (2)

スタートブロックより都庁を眺める
東京マラソン (20)

午前9:10に花火が上がりましたが、後方では何が起こっているのが分かりませんが、とにかく花火で「おぉー」とどよめきが。
そのご、なんとなく想像しくなってきたなぁ、と思ったらあれよ、というまに集団がぞろぞろ動き始めました。
いよいよ、スタートです、が、本当のスタート地点にたどり着くまでには15-20分はかかってたと思われます(その間先頭集団はなんと市ヶ谷に差し掛かっていたという。。)
いよいよ、スタート地点です。沿道の大歓声と、手を降る石原都知事。
東京マラソン (30)

このころには集団もバラけながら走り始めました。

さて、初参加の戦略です。新宿から市ヶ谷までは下っているので結構いいペースで飛ばせるそうです。が、やはり経験者が口をそろえて言うのが、ここで飛ばしすぎると30キロで足が止まる、と。
なので、僕はそこは絶対に守ろうと、ひたすらゆっくりとしたペースを心がけることにしました。
周りが結構飛ばすので気持ちは焦ります。

コースは飯田橋から竹橋、そして日比谷-芝公園と続きます。

東京マラソン (34)
東京マラソン (5)

増上寺のトイレでトイレ休憩をとりました。寒いせいなのでしょうか、トイレは大行列です。そのため男子は思わず暗がりで。。。かくいう僕も。。

この辺りで12キロ位なのですが、ここで心を鬼にして1キロほど歩きました。10キロ走って1キロ歩く、そのあとも5-6キロ走って1キロほど歩く、これを続けたのが結果良かったのかもしれませんが、とにかく「ここは歩く」「あそこまで走る」でメリハリをつけました。

東京マラソン (4)

品川の折り返し地点。ミソは半分ではないこと。ちょっと錯覚しますね。
このころ手がかじかんで、写真は取りにくいは、飴の包み紙は破れないわ、で大変でした。

ここから、日比谷に向かい、いよいよ銀座です。
東京マラソン (10)
アップルストア手前。なんといっても銀座中央通りを走れるということが、気持ちを高揚させます。これがこのマラソンのだいご味なんでしょうね。

ここは歩く区間なので、歩きました。21キロ(中間地点)過ぎで、初めての給食がありました。
噂の「バナナ」!!
これでもか、とバナナが用意されていますが、ランナーも群がります。取るのに競争です。しかし、最高にうまいバナナでした。ここでバナナ約1本分とブドウ糖を補給しました。
(ちなみに給水は豊富にあります。僕は全部ほとんどアミノバリューを摂取しました。)

このあと、日本橋で家族の応援(これがほんとに元気づけられたんです!)を受け、次は浅草に向かいます。
東京マラソン (19)border="0" width="223" height="179" />

30キロ手前の浅草寺。じつはこの辺りが一番きつかったのです。が、浅草に向かうにつれて沿道の応援もものすごいことになってきているので、とても元気づけられてきます。
また、この辺りから、沿道の皆さん個人の心温かい差し入れがあり、疲れた体を癒してくれました。

さぁ、浅草寺を超えると、ここからが本当の試練だと思っていたので、ここも歩きました。
ここで、膝の外側の筋が痛くなってきたので、屈伸休憩をとったのですが、これが裏目にでました。
止まったことでさらに痛みがひどくなったのです。
このまま走るのも厳しいのでトイレ休憩がてら10分くらいインターバルを置いて、走り始めます。

膝の痛みも続いていましたが、止まるとまずい、と早歩き・ジョギングを繰り返しているとだんだんと痛みが遠のいてきました。

大関門の35キロ手前にある、歌舞伎座。
東京マラソン (6)

ここからが正念場。もう写真を撮るほどの余裕もなくなりつつあったので、ここからは走ることに集中しよう、と35キロを過ぎたあたりでiPodのボリュームを上げます。

前半を抑えていたのが功を奏しているのか、膝の痛みのピークを越えたあたりからリズムよく走れるようになりました。
35キロ過ぎの鬼門となる上りの「佃大橋」だけは絶対に走ってわたる、と決めて、登りに突入!
気合で登り切ったあとは、周りのペースが落ちるのをしり目に、何気に良いペースで豊洲へ。

豊洲あたりの37キロ地点。
緩やかな下りが終わり平坦になったとたんに、足が止まりかけましたが、ここまで来たらなるべく歩かずにゴールしたい、という気持ち強くなってきたので、さらにiPodのボリュームをあげます。

豊洲を超え右に大きくカーブすると、その標識に「東京ビックサイト」の文字が!!
この辺りで、残りは3キロ。もう、ここまで来るとゴールまではあと少し。
ここで最後のトイレ休憩をとりました。

ビッグサイトの屋根が見えるあたりに差し掛かったころ、沿道の応援があまりにも嬉しくて、おもわず「ウルッ」ときちゃいました。

さぁ、残り1キロを切りました。このころは周りのペースも自然とあがってきます。また、ようやくカメラを構えようという気持ちの余裕もできてきました。

いよいよ、ゴールラインは目の前です。
沢山の観客が出迎えてくれます。この時点では、感動もありましたが、ちょっと「いい気もち」になってました。
東京マラソン (7)

そして、5時間46分53秒後、新宿を出発したマラソン初参加の僕は、無事 FINISすることができたのです。

FINISH後、完走メダルと完走記念タオルをもらいました。
間違いなく、勲章です。
ゴール (2)

ゴール (3)

走りなれた人達からしてみれば当たり前だし、僕も今後いろんなマラソンに出る(つもり)につれて完走は当たり前になるのでしょう。
しかし、この初めて味わった達成感と感謝、あとはなんといっても自分に克つことができた(なかなか自分に克つっていうのは難しいんですよね)ことは、一生忘れないんだろうな、と思いました。

なんだか、たかがフルマラソン走ったくらいで、たいそう、人生達観したかのような文章になっていますが、おそらくまだランナーズ・ハイが続いているんだと思うので、適当に流してやってください。









【2010/03/02 00:48】 | TOKYO Marathon
トラックバック(0) |
2010年東京マラソンは、降りしきる雨の中スタートしました。

なんどか、雨と寒さでくじけそうになりましたが、友人・知人の応援メッセージ、家族の沿道での応援にPowerと勇気

をもらい、沿道の途切れることのない応援と差し入れに励まされながら、でも、楽しく、完走することができました。

タイムはグロスで5時間46分53秒。 ネットはまだですが手元の計測で5時間30分とちょっと。

目標の5時間30分切りは達成できないと思いますが、自分なりにBestを尽くした結果に大満足です。

沿道の風景などは、後ほどあらためてアップしますが、応援してくださった沢山の方々に、あらためて感謝の気持ちで

いっぱいです。

いちばんツライ35キロ過ぎの、熱い声援に涙が出そうになりました。

ゴール前の沢山の応援に、また涙が出そうになりました。

こんな世知辛い世の中なのに、まだまだ捨てたもんじゃありません。

今日は、本当に、東京が一つになった日なのではないでしょうか。

ゴールして、真っ先に思ったこと、それは「感謝」でした。本当です。

42.195キロの先には、偽りのない感謝の気持ちがありました。


【2010/02/28 20:55】 | TOKYO Marathon
トラックバック(0) |

No title
はっぴーすパパ
お疲れ様!
土曜日にメールをしようと思っていながら忘れてしまいました。申し訳ない(汗)。でも、無事に完走&楽しんで走れたようで良かったですね!でも、凄いよな~!とてもじゃないけどマネ出来ません。
いろんなランナーが皆言うように、35キロ位からが一番辛いんだ~。坂か何かあるの?
また来年に向けて頑張って下さいね!陰ながら応援してます!!!

No title
chamy
はっぴーすパパ
応援ありがとう、そして、コメント有難う。35キロから先は「我慢」。
佃橋っていう、普段は何の変哲もない橋が、地獄の登りに思えるんだよ~~

まだまだ、地道にいろんな大会に参加しようと思ってます。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。