NaNa & かれんと過ごす、続・スローな週末徒然日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ララが、静かに息を引き取りました。

連絡を頂き、無理を言ってララのお家におじゃまさせていただき、最後のお別れをしてきました。まるで寝ているようで、今にもむくっと起き上がってきそうなほど、安らかな寝顔でした。

ララは、僕とucoにとっては(も)、かけがえのない存在でした。ララが、大型犬を飼うという決心をするときに、僕らの背中を最後に「ぽん」と押してくれたことは間違いなく、それが、今、かれんという家族を迎えるに至った「きっかけ」でもあるのです。
そして、いうまでもなく、かれんにとっては、まさに姉貴分の存在です。その存在は、とても大きなものでした。

ララの病状が進行していることを、しばらく知りませんでした。。
ブログで知ったとき、いても立ってもいられず、これまた無理にお願いして、体調の良いときを見計らって会いに行ってきました。
ララは、しばらく疎遠にしていた僕を、体全体で歓迎してくれました。いつもみたいに、撫でてーーって。
でも、それが最期のなでなででした。ララは僕に会う時間を作ってくれたのだと思います。

らら
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。