NaNa & かれんと過ごす、続・スローな週末徒然日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失意のどん底から、なんとか復活し元の生活に戻りました。

でも、頭の片隅には「いつかれんが最悪の事態になるかはわからない」というリスクがついて回ります。

今日かもしれない。明日かも?
いや、年越しできるのでは??

そう思っていてもたってもいられなくなったので、何か記念に残ることはどんどんやって行こう、と。

はじめに、家族写真を撮りました。娘の七五三でお世話になったペットOKの写真館に予約を入れ、家族写真を撮る事にしました。
来年、2014年の秋には下の娘が3歳、上の娘は7歳の七五三のお祝いがあります。そこまではなんとか持ちこたえて、「3人娘の3ショット」が悲願です。
しかし、、ということで、撮った写真は、最高のできばえになりました。
お見せ出来ないのが残念ですが、娘達の記憶にかれんと過ごした日々がメモリーされ、こうして記録が残せた事はかけがえの無い財産です。

でも、このころ、定期的に獣医さんには見てもらっていましたが、「この子はほんとうに凄い」なんて言われるようになったのです。
普通の予後では考えられないということなんです。転移もなく、殆ど影響がないまま年末を迎えようとしているのを目の当たりにした主治医の一人は、真剣に「凄いですねーー」と。
かれんの生命力・免疫力・抵抗力の賜物であることは言うまでもなく、飼い主として妙に鼻が高かったり。。
私たちもこのころになると「治療代かえせーー」なんていう冗談ともつかない冗談をかれんに言ったり(言われてる本犬は意味不明なのに)して、普段の生活に戻りつつありました。

強いてあげれば薬をもらうのに病院に通う機会が多くなり、自然素材のフードに変えてサプリを与えているので食費がかさんできたくらいの変化はあるものの(そんなことはたいした事でもなんでもありません!)負担にならない程度にお出掛けしたり、いつものメンバーでキャンプにいったり、と「コレって本当に闘病生活なの??」なんて思ってしまう私たちが、そこには確かに存在していました。

でも、その暢気な思いも打ち砕かれる「悪夢」が、年の瀬に起こってしまったんです。
スポンサーサイト

【2014/02/11 22:25】 | Dogs
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。